このコンテンツをご覧になるには、Adobe Flashプライヤーをインストール必要があります

人は、誰もが生きているかぎり、様々な気を
受けて生きています。

それらの気を受けることにより、気持ちの変動・
身体の変動・流れの変動により、人間関係・
体調・物事の良し悪しに繋がります。

その気の中で霊気と言う気の波動があり、
それを霊的影響と言います。

私(流明)は、仏法の闇道の流れを汲み霊視と言う感性で、
人を見させて戴き霊視鑑定と言う名を付け
今の活動を行っております。

このコンテンツをご覧になるには、Adobe Flashプライヤーをインストール必要があります

【行事案内】

説法会イメージ動画 配信

説法会ってどういうお話するんですか?など多くの方からご質問があり

説法会の内容を短くまとめた動画配信を行いました。

ご興味のある方はメールにてご連絡ください。動画のアドレスをお渡しいたします。

ご連絡頂くとき、お名前の記入お願いいたします。

 

【法話会の日程】

 

4月20日「金曜日」:「受付中」

4月21日「土曜日」:「受付中」

4月22日「日曜日」:「受付中」


5月12日「土曜日」:「受付中」

5月13日「日曜日」:「受付中」

 

6月23日「土曜日」:「受付中」

6月24日「日曜日」:「受付中」

 

7月14日「土曜日」:「受付中」

7月15日「日曜日」:「受付中」

7月16日「月曜日」:「受付中」


 

 
 
 
 
 
今月の一言

心、それは幸福と楽しみをつくるもの

「あらゆるものは、心にもとづき、心を主とし、心によってつくりだされる。 もしも清らかな心で話したり行ったりするならば、福楽はその人につき従う。 ~影がその体から離れることがないように。」

物事は全て、心がつくりだす・・・とすれば何事にも囚われず、愛と慈しみの心をもって生活すれば、 幸福で楽しい人生がおくれるのではないか、 とお釈迦様はおっしゃいます。

簡単そうで難しい命題です。 しかし、例え小さな親切をしても気持ちがよく、まさに幸福で楽しいと思います。 そんな経験は誰にでもあるのではないでしょうか?

反対に、汚れた心がつくりだす苦しみは、荷車を引く牛に車輪がついてくるように、と喩えられます。 重苦しい・・・! 重荷を背負った苦悩の人生を暗示しているのです。

一方、清らかな心を保って生活するならば、影がその体から離れることがないように、軽やかに福楽を味わうことができます。 要は心の持ち方の問題なのです。

どうせ生きる人生ならば、そういう生き方がしたいとおもわれませんか?

運命は変えられる

人の生涯のなかで付きまとうのが運命と宿命です。
私が人を見るにあたって、人の運命と宿命を計り、現代や未来を予測していく事があります。

運命とは・・・人間の意志を超越して人に幸、不幸を与える力、またその力によって巡ってくる幸、不幸の巡りあわせの運、 今後将来がどのようになるかと言う事宿命とは・・・生まれる前の世から定まっている人間の運命、宿運を言います。 運命の天時計と宿命の地時計の針が指す文字があります。

天時計の文字~白・妙・光・静・緑・大・風・多・火・香
地時計の文字~照・雅・美・雲・水・善・行・木・竹・創
二つの文字が合わさる字【百相字】がその時の総運を弾き出して将来の予測をしていきます。 ですから宿命の地を変える事は出来にくいのですが、運命の天は変えていく事が出来ます。 その百相字の文字の意味を知る、知らないが幸・不幸を決めていきます。

今、自分の地時計の針が何処を指しているか、天時計は何処を指しているかを知る必要があります。 それを知り、見方に付ける事が運命を変えていく事につながります。
地時計は年単位、天時計は人それぞれで年・月日・時間単位です。
詳しくはお会いした時に・・・